車が好きな人の転職先

転職するときには、今までの経験を生かした職種を選ぶケース、資格を生かした仕事に就く人が多いかと思います。しかし、自分の職種、資格を考えた時にあまり、ぱっとした職種ではない、資格も持っていないという人には、タクシードライバーへの転職をお勧めします。運転免許があれば2種の免許を取得する必要はありますが、タクシー会社で資格取得のサポートもしてくれます。また、何と言っても車が好きな人にとっては最高です。ずっと車を運転することができます。無事故、無違反で行うと個人タクシー事業者になることも出来ます。難しい仕事内容ではありません。基本的に車の運転が出来れば可能な職種です。道路を覚えるにも最近ではナビが取り付いています。運転をしていれば道を覚えてきますので、自然と仕事に慣れてきます。自動車の運転が好き、自動車自体が好きな人にとっては格好の仕事です。

出会いはメールフレンドからがいい

仕事をしている中で、中高年ともなると男性も女性もなかなか出会うことができません。仕事が忙しい人程、そのことで悩むことがあります。このまま仕事だけの人生なんて、ほとんどの人は考えていないでしょう。できたら出会いを求めて、いろいろなことをしたいのです。
しかしその時間がないのが現状ですね。そしてやっぱり諦めるしかないかと思ってしまうこともあるでしょう。その時、全く諦めることはありません。それは出会いというのは、いつでもどこでも可能であるからです。
ちょっと行動するだけで出会えるのが、メールフレンドです。メールフレンドは、メールから出会いを始めることができます。最初は簡単な自己紹介、または趣味のことで盛り上がるということもありますね。どんなことでもいいので、そのメールから始めることで寂しくないし、その人のことを好きになる可能性も高くなります。

ピンチのときに活用したいファクタリング業者

会社として業績が思わしくなく、銀行からの融資を受けないと倒産してしまうかもしれないという厳しい状況に置かれたときには、どうすべきでしょうか。銀行がさらに融資をしてくれるかどうかはわかりませんし、面倒な審査を受けなければならない、それは大きなプレッシャーでもあります。どうしかにして資金を集めるために、知恵を振り絞る必要が生じるわけですが、そのアイデアの1つとしてファクタリングがあります。

ファクタリングは担保、そして保証人が不要であり、しかも融資の審査も緩いということで、実に利用しやすく、急ぎにも対応できるために、資金調達の方法としては有望です。ファクタリング業者が増え、数多くありますので、業者選びから始めていくことができるでしょう。即日融資に対応しているということで、かなりありがたいサービスであり、ピンチの時に活用できます。

タクシーに乗るのも悩みます

先日の季節外れの雪の日、我が家は子供の入園式でした。
入園式なのに!よりによって!
我が家には自家用車がないので普段は自転車移動なのですが、
雪の中をスーツで、しかも子供二人を乗せて20分も走るのは無理だと判断し、行きはタクシーを使いました。
しかし、帰りは電車…。
駅のホームはとても寒く震えて電車を待ち、最寄り駅からの歩く道もとても長く感じました。
子供の幼稚園の制服は半ズボン。寒かっただろうに…。
必要な時にはタクシー代をケチらず使えればよいのですが、
専業主婦で稼ぎがない私がそんな贅沢を言えるはずもありません。
私ももともと正社員で働いていましたが、妊娠を機に退職。
夫も結婚当初は稼ぎの少なさから転職を考えていて実際に応募したりもしていましたがうまくいかず。
結局30代後半になってしまい現実的に転職は厳しくなってしまったので、
今のお給料の範囲でやっていくにはタクシー代も贅沢なのです。
「子供がもう少し大きくなったらパートに出て働こう」駅のホームで震えながらそう決意したのでした。

我が家の太陽光について

我が家はおうちの上に太陽光パネルを20キロワットほど載せております。最近ですが天気も良好で1日で大体2500円から3000位は稼げるようになってきました。ただ心配なのは曇った日です。この間天気が悪い日が続いてほとんど発電しなかった時がありましたそうなると、月々のローン払いも少々不安な時もあります。特にこれからの時期、梅雨に入りますと、心配です。また季節が変わって有利になると、最も恐ろしい雪の時期です。雨は降れば太陽パネルを洗ってきれいにしてくれますか、行きは太陽光パネルにずっと乗っかっていく日も私たちの売り上げを削っていくのです。そういった健康のリスクも踏まえながら考えると本当に太陽光発電だけの売り上げ売電額だけで返済が可能なのか少々不安な時があります。ただしかしわれわれは屋根の上に乗せていってしまった以上、外すこともできないですし、早々にメンテナンスをすることができないのです。あー神様どうか壊れないでください。

休日に見たドキュメンタリー番組の話

今日は本当に久しぶりの休日でした。昨日は繁忙期だったこともあり、かなり仕事も忙しく
体の疲労もピークを迎えていたので、この休日はベストタイミングでしたね。
とりあえず、この休日は一日中ゴロゴロしていよう、と決めていたので、朝からテレビを見ていました。
そして、たまたま見ていたチャンネルでドキュメンタリー番組をやっていたのですが、遺品整理の仕事に密着する、という内容でした。
実は、私の知り合いに、同じく遺品整理の仕事をしている方がいるんです。そんなこともあり、ついついそのドキュメンタリー番組を最後まで見てしまいました。
なかなか、大変な仕事内容だな、とは思いますね。やっぱり、故人のぬくもりがまだ残っていそうな部屋などで色々と作業するのは、慣れないと大変だと思います。
ただ、番組に出てきた遺品整理人の皆さんは、実直に黙々と仕事されてて、凄く誠実で立派だな、と感じました。
自分が知らない世界を知ることが出来て、なんだかんだ、有意義な休日になりました。

ミライのタクシーは快適

移動時間に転職サイトをのぞいていたらタクシー会社の求人が。
“3交代制シフト 4週8休相当 制服貸与 入社祝い金有“
タクシー業界もなり手がいないらしいですよ。確かに酔っ払いの相手やお年寄りの手伝いもしなきゃだし、最近は暴力ふるわれたり、強盗の危険もあるし。それに見合う給与がいただけるんでしょうか。
だいたい、カーナビが出来て、キャッシュレスになって、そのうち自動運転技術があたり前になるでしょうし。そしたらタクシーは無くなるんですかね。AIが運転するようになったり、お客が行き先を音声入力したら目的地まで自動に運んでくれたりして。
乗り降りだってシートが全自動で向きを変えて、立ち上がるまで完全アシスト。
人間のタクシードライバーなんて、今のナントカ職人さんみたいに希少になって。
そうしたら運転手の趣味で流す野球中継や、どうでもいい天気の話とかにわずらわされることもなくなりますね。
うん、ミライのタクシー、なかなかいいじゃないですか。

そこまで考えて「お客さん、着きましたよ」の声で現実に戻されました。
あわててリクルートスーツの上着から財布を出しますが、小銭がうまくつかめません。料金を払う手が震えてるのもバレちゃったみたいです。
「緊張してますって言っちゃうと逆に結構失敗しなくなるらしいですよ。頑張って、いってらっしゃい」

ミライじゃなくてもなかなかいいんじゃないでしょうか。うん。

ニーズの多いITエンジニアでもフィリーランスで仕事を確保するのは大変です

少子高齢化の中で、労働人口が減少傾向にあります。そんな中でIT技術は益々多くの分野に導入され、ITエンジニアは非常に不足していると言われています。
そんな中で、専門会社でエンジニアに求められる仕事の質や処理量は増大の一途を辿っています。こうした背景の中で、スキルを身に付けたエンジニアが独立してフリーランスとしてマイペースで稼ぎたいと考えるのは、ある意味自然な事と言えます。
サラリーマンには、潜在的に自己裁量で働く事が出来るフリーランスに対する憧れがあり、技術を武器に独立できればと考えるのは当然です。
しかしフリーランスとしてやっていくには、今まで経験した事の無い仕事を確保すると言う新しいスキルが必要になります。技術的にいくら優れていても、仕事の依頼を受けなければ能力は発揮できませんし、稼ぐ事も出来ません。
エンジニアの中には、人付き合いや対人折衝能力が弱い方も少なくありません。そんな方の中には、独立したものの、仕事の確保が難しくて苦労され、再び就職される方も居られます。
憧れのフリーランスになるには、自分で仕事を確保できるのかを良く考え、その施策を講じて独立されるのがお勧めです。

福利厚生が良い正職員

就職をする時に、とりあえず大きな企業に入ることを目指すことがありますね。その理由としてはたくさんありますが、なんといっても一つに福利厚生が充実していることがあります。まず健康保険を使うことが出来るということです。それは、知らず知らずのうちに使うことが多いのですがそのお金は会社が負担しています。
また、いいのは交通費や住居手当などの手当についても充実していることです。それらもあるとないとでは、大きな違いがあるのです。そのことを感じるのは、実際に自分が住居を持つ、入院をするなどをした時に特に感じることになります。
また年金の違いについてもびっくりすることがあります。それは、年を取ってから感じることになるのですが、それらを含めるとやっぱり大きなところは就職をすると間違いなしと誰もが認めることになります。そのことから、それらに就職を目指すことが多いです。

結婚相手の絶対条件とは

私もアラサーと言われる年齢になり、結婚への焦りを感じています。友人に紹介を頼んだり、飲み会にも積極的に参加しましたが、ときめく男性にはなかなか出会えない。結婚相手を求めていると、目がギラついてしまうのでしょうか。おそらく遊び目的であろう男性たちには、ことごとく逃げられてしまいました。

最初から、結婚願望のある誠実な男性と出会いたいと思い、婚活サイトでお相手捜しを始めることにしました。
男性は結婚して子どもを望む人が多いため、20代の女性は人気が高いと聞きます。なんだかシビアな話ですね。でも、私自身が結婚を焦っているのも、やはり同じ理由です。需要が減るのではないかという不安。こんな言い方もなんだか悲しいですね。

出会いの数は山ほどありますが、今のところ、結婚したいと思うほど素敵な男性には巡り会えていません。そもそも、素敵な男性は婚活サイトを利用しないのかもしれませんね。
婚活サイトでは、結婚相手の条件を詳細に設定できるので、改めて自分の気持ちと向き合ってみようと思います。「素敵な男性」なんて抽象的過ぎますもんね。これだけは譲れないという、結婚相手の条件を考えてみたいと思います。