名古屋の司法書士に依頼する

登記といってもピンと来ない人は多いと思いますが、家の名義を変えるといえば分かる人も多いのではないでしょうか。いわゆる家の名義を変えるときに登場するのが司法書士です。このような相続の場合の他にも、もちろん家の新築の場合にも登記は必要です。

日本のルールでは登記をするもしないも自由で強制されることはありませんが、実質的には強制することになります。というのも、銀行からローンを組んでもらう時に抵当権を入れるのと同時にお金を借りることになり、その抵当権を入れるためには所有権の登記が必要になるからです。

現金一括払いなどは別ですが、大半の人は銀行からローンを組んでもらうので、実質的に登記はしなくてはいけないことになります。そして登記を扱う専門家が司法書士です。名古屋に新居を構える場合、名古屋 司法書士に依頼するとよいでしょう。