ハイヤーの特徴としてあること

ハイヤーというのは、基本的に高級車を使うことができます。つまりは、高級車の運転が多くなります。車両にも特徴があります。必然的に車型はセダン系になります。そして、車体色は主に黒塗りとなるでしょう。ハイヤーというのはタクシーよりも責任がかなり重いということになりますのでやるのであればそれなりに覚悟しておきましょう。必ず安全に目的地まで届ける責任感が大きくなりますから、これがハイヤーの仕事のよいことになるでしょう。ハイヤーとタクシーの違いは時間単位での貸切という部分になります。タクシーでもそうしたような形で借りることがあったりもしますがそれはタクシーというものに見えているだけであり実際にはハイヤーになります。こうしたことがありますから、どのようなことで働くのか、ということになりますが、まずは固定給ということになります。

うなぎ屋の秘密を教えます

私の通っていた幼稚園の隣に、おいしくて近所でも評判のうなぎ屋があります。そこの主は私の古くからの友達で、めちゃくちゃまじめな商売人なんです。このうなぎ屋は本当に儲かっていて、毎日のように、ランチの時間から店の中は満席になっているんです。

夜は夜でうなぎをおなかいっぱい食べたい人、お酒を飲みながら、うなぎをつつきたい人、などなど、いろんなお客さんが集い、思い思いの楽しみ方をして時間を過ごしています。この店の隣にあるマンション、アパートの住民の多くがこの店のファンになってしまって、いつもいつも店は大賑わいをしているのです。ちなみに私もそのファンの一人です。実はこのうなぎ屋の主には、とある、ちょっとした秘密があるのです。

それを私は以前、主にこっそり教えてもらったのです。どういうことかといいますと、うなぎ屋で儲けたお金で不動産投資をしているのだそうです。お店のファンが住む、先ほど話題に出たマンションなどは実は、主の所有物なのでした。さすが、お金持ちですね。

この時期、タクシーを見ると、思い出すこと。

今からうん十年前、心だけじゃない体の方もギリギリなのに、上司からの誘いなど、仕事のお付き合いを断れず、無理して飲めないお酒を飲んでいた時期があります。それがたたったんだと思います。ある日、いつものように終電で間に合うように、お酒の席を失礼したまでは良かったのですが、電車でぐっすり寝てしまい、起きた時はずいぶん遠くまで来てしまいました。車内でどんどん血の気が引いて行くのを感じました。そして、何はともあれタクシーで帰るしかないと思い、次に止まった駅で降りて、駅の外に出ると、1台だけあるタクシーに乗りました。
私が行き先を言うと、バックミラー越しにそのタクシー乗務員の方はえっ?という顔をされたのが分かりました。寝過ごしてしまって…というと、あぁと言われしばらくは無言でした。その後、私みたいに寝過ごしてしまって県をまたいで帰る人を乗せたことがありますかと聞きました。すると、いますよと軽く言ってくれました。それから、お姉さん、疲れているねと言われて、まあ、そんな感じですというと、僕ね、転職組なの、最初は普通の会社に就職してオフィスワークしていたんだけど、色々あって、タクシー運転手になったの、仕事って大変だよね、色々あるよと言ってくださいました。それからたわいもない世間話をして、1時間ほどをかけて家に帰りました。
タクシーを降りる時、私がありがとうございますというと、家はどこ、あそこ、家に入るまで見ているからね、お姉さん、頑張ってと言ってくださいました。かなり心がすさんでいた私は、その優しさが身に染みて嬉しく、もう少し頑張ろうと思う気持ちになりました。
おそらくそのドライバーさんは、もう退職されていることと思います。でも、この時期、タクシーを見ると、あの時のことを思い出します。本当にありがとうございました。私、今も、頑張っています。

不動産投資を行う前に知っておきたいこと

不動産投資をしたいと考えている人は多いと思います。そこで今回は、不動産投資をする前に知っておきたいことについて、メリットとデメリットを書いていきたいと思います。

不動産投資の魅力は、働かなくても安定した収入が入ってくることです。これは大きなメリットであると言えるでしょう。副業として行うにしても、退職後に行うにしても、毎月賃料収入が入ってくるのはとても嬉しいことです。特に、老後に不労収入が入ってくると安心して生活ができます。この点で、不動産投資は老後の資金確保手段としてオススメできます。

しかし、注意しなければならない点もあります。入居者がいれば、安定した収入となりますが、空室の状態が続くと収入にはなりません。また、建物は老朽化するので、必要があれば修繕していかなければなりません。

このように、不動産投資にはメリットとデメリットがあるのです。これらを踏まえた上で、不動産投資を始めるかどうか決めましょう。